<タイトル>「Digital social innovation and civic tech: Following London’s young entrepreneurs」

当日は上記タイトルのもと、現在トゥーッカさんが研究されているロンドンの若手のディジタル社会起業家の最新の活動動向に20~25分程度のプレゼンを行っていただき、その後はQ&Aセッションです。
(全て日本語)

講師紹介

トイボネン・トゥーッカ Ph.D. (オックスフォード) さん
1979年生まれ 、フィンランド出身。 立命館アジア太平洋大学卒業。
2009年にオックスフォード大学博士号取得(社会政策学)。
京都大学・日本学術振興会(JSPS)及びオックスフォード大学の研究ポストを経て、現在はロンドン大学・SOASにて経営学准教授(Lecturer/Assistant Professor)を努める。
国際大学GLOCOM客員研究員。専門分野は組織社会学。主な研究テーマは「若者」、「社会的イノベーション」、「collective creativity」。2013年に、ニート問題に取り組む日本の社会起業家によるイノベーションなどを分析する単著『Japan’s Emerging Youth Policy: Getting Young Adults Back to Work』(Routledge)を出版。

日時:5月20日(水曜日)19:00~
場所:日本クラブ
住所:Units 13 & 14, Ground Floor, Europoint Centre, 5 – 11 Lavington Street, London, SE1 0NZ
地図はこちらから
http://www.nipponclub.co.uk/pdf/1411_movedto.pdf