画像

2021年3月定例会「イギリスで今流行っているビジネス・トレンド考察」

Photo by Slidebean on Unsplash

<3月定例会ISMセミナー>

2020年3月のロックダウン以降、売上を落とした業界ばかりがクローズアップされる一方で、ロックダウン中に対策を講じ成長を続けている企業や業界は存在します。

今回はロックダウン中に業績を伸ばした、若しくは成長していると考えられる会社にスポットを当て、これから「コロナと共に」成長していけるビジネス構築とは何か、皆さんと一緒に考えアウトプットしていけたらと考えています。


勿論こういうビジネスが流行っている、若しくは流行らせたい、というご意見をお持ちの方がいらっしゃれば是非スピーカーとしても参加大歓迎です!

<考察企業・ビジネス例>

  • ロックダウン以降ビジネス業態をロンドン市内からイギリス全土配送へ方針転換した日本食企業
  • コミュニケーションアプリ「クラブハウス」のPro / Con                     
  • ヘルス&仮想通貨融合アプリ

日時:3月27日(土曜日)

イギリス時間午前11:00 – 12:30

(日本時間20時~21時30分)

場所:オンライン (Google Meet/Zoom)※参加用リンクは参加をご連絡いただいた方に事前に連絡致します。

タイトル
「今イギリスで成長しているビジネス・トレンド考察」

第一部 5分 ネットワーキングセッション
第二部20分 ビジネス考察①
第三部20分 ビジネス考察②
第四部20分 ビジネス考察③
第五部10分 その他ビジネス考察、Q&A
第五部15分 ネットワーキングセッション

講師プロフィール
今月は運営部がファシリテーターとして主導致します。

参加費:メール会員・非会員の方⇨10ポンド・学生5ポンド
有料会員:無料(年会費48ポンド支払済の場合)

2021年2月定例会報告

Photo by Chris Montgomery on Unsplash

講師:ピネガー由紀氏

タイトル:「コロナ病棟の現状・コロナワクチン接種・罹患症状について」

NHS正看護師であるピネガー由紀さんを講師にお迎えして「コロナ病棟の現状・コロナワクチン接種・罹患症状について」をテーマに定例会を開催いたしました。

コロナ NHS 医療

直前の案内だったにも関わらず非会員の方を含めご参加頂き、英米の院内救護服の比較、看護状況などを教えて頂きました。

私達がメディアで知る範囲よりも過酷な現場で、過酷な状況下で連日職務に当たられている由紀さんやその他NHSスタッフの皆さんに改めて感謝の念を抱かずにはいられないお話ばかりでした。


また第二部として既にワクチン接種を行った会員さん・年末にコロナ罹患された方の体験談を聞きながら、ワクチンの副反応比較などの意見交換も交えた会となりました。
参加頂いた皆様、ありがとうございました。

<アンケートのお願い>
2月27日に登壇頂いたピネガー由紀さんが制作されているYouTube


で取り上げて欲しいNHS関連の動画トピックや記事に関するアンケートに
ご協力頂ける方は以下のリンクよりご記入をお願い致します。

アンケートリンク:https://forms.gle/TmQtMvFg8SPNopYj9

JEEF運営部