タイトル

Let’s go see Rakugo tonight! Rakugoを世界に広めたい、桂三輝氏の挑戦 

桂三輝(サンシャイン)氏

JEEF9月の定例会は、落語家の桂三輝氏をお招きしての講演です。

落語の『腰の低い、下から目線のユーモア』に心を奪われ、日本語のみならず、英語、フランス語、スロベニア語で落語の講演を行う桂三輝氏。落語という言葉を相撲や寿司のような英語にしたい、世界中で「Let’s go to see Rakugo tonight」という会話が生まれて欲しいという夢を持つ氏の、イギリスでの挑戦についてお話して頂きました。

********************************************************************************************

講師紹介

落語家・桂三輝氏

略歴

カナダオンタリオ州トロント生まれ。本名はグレッグ・ロービック (Greg Robic)。上方落語協会会員。

トロント大学にて古典演劇を専攻し、劇作家・作曲家としてカナダの大学院在学中に初ミュージカル作品「Clouds」を制作、トロントの劇場で15ヶ月間のロングラン公演となり、カナダ人制作のミュージカルとしては最長記録となっている。日本の伝統芸能である能に興味をもち1999年に来日。2003年からカナダ亭恋文(かなだていらぶれたー)や楽喜亭三陀(らっきーていさんだー)を名乗ってアコーディオン漫談や英語落語で活動を始める。2007年に大阪芸術大学大学院芸術研究科に入学し、相羽秋夫のもとで創作落語を研究。2008年9月1日、桂三枝(現・六代桂文枝)に弟子入し桂三輝と命名される。

2014年には7カ国39講演のワールドツアーを実施。今後の目標はロンドンやニューヨークでの寄席のロングラン講演。

Website: https://katsurasunshine.wordpress.com/
********************************************************************************************

<9月定例会ISMセミナー>

日時:9月8日(火曜日)19:15~20:45

場所:日本クラブ

住所:Units 13 & 14, Ground Floor, Europoint Centre, 5 – 11 Lavington Street, London, SE1 0NZ